背中にきび(ニキビ)、ひと口メモについて・ホーム >>

背中にきび(ニキビ)とアクネ桿菌

ナビボタン背中にきび(ニキビ)とアクネ桿菌

背中にきび(ニキビ)とアクネ桿菌

白にきび(ニキビ)や黒にきび(ニキビ)は初期にきび(ニキビ)で、比較的治しやすいにきび(ニキビ)です。

ですが、ここにアクネ桿菌が取り付くと、いっきに炎症し、
悪化させることになります。

ところが、アクネ桿菌は特別な菌ではありません。

常在菌という、誰の肌にも存在する菌です。

とても感染しやすいですし、完全に退治することはできません。
アクネ桿菌の特徴は、空気を嫌い、脂肪を好むことです。

毛穴が皮脂でふさがれているにきび(ニキビ)の内部は、
アクネ桿菌にとって格好の居場所となります。

残念ながら、アクネ桿菌の多くいる場所はにきび(ニキビ)のできやすい
顔、胸、背中などです。

ですから、特に思春期のにきび(ニキビ)は赤にきび(ニキビ)へと進行しやすくなります。

アクネ桿菌は酵素を作り出し、それが毛穴にある皮脂を酸化させます。
そうすると炎症が広がり、膿んでくるのです。

という物質があるか調べることで分かります。
アクネ桿菌は、蛍光するポルフィリンという物質を出しているので、
感染がわかるのです。

copyright©背中にきび(ニキビ)、ひと口メモAll Rights Reserverd.